聖徳太子のレストラン公式HP

「ぎゃぁぁぁ!」店内に響き渡る徳井の悲鳴。
今日の「聖徳太子のレストラン」は一味違う。
店の明かりは落とされ、店内には蝋燭と座布団が敷かれている。

三上、徳井、オーナーに加え飯デリ宅配員の沢田、倉持、林の6人は各々が体験した怪談を話していた。
そんな中、林は県道55号線で起きた配達中の不思議な話をし始める。
届け先は人通りもなさそうな県道の片隅。
不思議に思いながらも注文されたうどんを届けに来ると、
誰にも渡していないのに、受け取りましたという通知が。
気配を感じ後ろを振り返ると、白い服を着た女が立っていた。
林の話に再び悲鳴をあげる徳井、うまくできた話に盛り上がる一同。

次に沢田が経験した怪談話が終わると同時に、
オーダーを締め切っているはずのパソコンから注文の知らせを告げるサインが鳴る。

届け先は何と、県道55号線だった。

「ぎゃぁぁぁ!」店内に響き渡る徳井の悲鳴。今日の「聖徳太子のレストラン」は一味違う。店の明かりは落とされ、店内には蝋燭と座布団が敷かれている。

三上、徳井、オーナーに加え飯デリ宅配員の沢田、倉持、林の6人は各々が体験した怪談を話していた。
そんな中、林は県道55号線で起きた配達中の不思議な話をし始める。
届け先は人通りもなさそうな県道の片隅。
不思議に思いながらも注文されたうどんを届けに来ると、誰にも渡していないのに、受け取りましたという通知が。
気配を感じ後ろを振り返ると、白い服を着た女が立っていた。
林の話に再び悲鳴をあげる徳井、うまくできた話に盛り上がる一同。
次に沢田が経験した怪談話が終わると同時に、オーダーを締め切っているはずのパソコンから注文の知らせを告げるサインが鳴る。

届け先は何と、県道55号線だった。